俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

貴重な人生と引き換えに安定を手に入れたい〜公務員になることをすすめる〜

私はわけあって公務員みたいな仕事もした時期がある。

だから、とくにやりたいことない、わからない人は公務員に就くことを勧める。

が、出勤〜退勤するまで、我慢するのだ。

つまらない仕事を。

民間企業に比べれば公務員は天国だ。

有給休暇は取り放題、ボーナスもまぁまぁ、退職金もまぁまぁ。共済年金で老後も安泰。

が、引き換えに、自分自身の本当にやりたいことを我慢することだ。

貴重な人生と引き換えに安定を手に入れたのだから。

公務員は、無能な人が一番適している。妙に能力・才能ある人は途中で辞めてゆくだろう。

公務員を辞めて、アルツハイマーになる人が多い気がするが、気のせいかな?