俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

人間を動かすモノは、理性でない、言葉、文章でないと思っている。〜抽象度の高い「パトス」が人間を動かす〜

私は言葉の持つ力(理性)を実は余り信じていない。

人間を動かすモノは、理性でない、言葉、文章でないと思っている。

もっと抽象度の高い「パトス」だ。

近代思想の「理性」とかは信じていない。

文章を少し書いて生計を得て、文章≒理性を否定するのもおかしな話しだが。

結論から言えば、文章≒理性とかはたいしたことないと、そういう結論になった。