俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

江戸時代の天皇一族は、徳川家から生活するためのお金をもらっていた〜『天皇家の経済学』(吉田祐二著)

天皇家の経済学』(吉田祐二著)を読んでいる。

江戸時代の天皇一族は、徳川家から生活するためのお金をもらっていた。

ちょうど、大名だと真ん中より上の資産だそうだ。

江戸時代は政治権力なし。

明治維新以降、資産が蓄積されてゆく。

天皇は元首で統帥権を持つ。いわゆる大日本帝国憲法

日銀、横浜正金銀行日本郵船などの株所有。

戦前、三井、三菱などのいわゆる財閥を上回る天皇財閥を形成。

終戦間際も、スイス銀行赤十字に寄付名目で?万円、いわゆる、資産逃し?

つまみながら、読んでいる。

この天皇財閥はまだ生きてるらしい。

参考:

www.kanekashi.com