俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

TPP 東京会合閉幕 来月、詰めの協議へ

www.tokyo-np.co.jp

 米国を除く環太平洋連携協定(TPP)の参加十一カ国が東京都内で開いた首席交渉官会合は二十二日、二日間の日程を終えた。米国の離脱を受けた協定の見直しについて各国の意見を整理したが、取りまとめには至らなかった。十一月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議までに合意の道筋を付けるため、十月に改めて東京で同会合を開くことを決めた。

 議長国を務めた日本の梅本和義首席交渉官は会合の終了後、数週間後の再開催について「各国の立場をまとめる作業が進んだが(APEC会場のベトナムの)ダナンへ行くにはまだ作業が必要だ」と説明した。

 見直しの作業で各国は、離脱した米国の利益につながる項目を選び出し、いったん凍結させることにしている。その間は元の合意内容の効力はなくなり、各国は現状の制度をそのまま適用する。米国がTPPに戻れば凍結を解除し、元の内容に戻す方針だ。

 交渉関係者によると、これまでに各国が凍結を要望した項目は約五十あり、今回の会合では、凍結したい理由やその賛否について各国の意見を調整した。次回会合で意見の集約化を図り、項目を絞り込む。

 これまでに各国が凍結の方向で一致しているのが、バイオ医薬品を独占的に販売できるデータ保護期間。大手製薬会社を多く抱える米国の主張を受けて実質八年となっていた。また、映画産業が盛んな米国の利益が増える著作権保護期間の長期化も凍結となりそうだ。

 早期合意を目指す日本は項目を最小限に抑える意向だが、波乱要因もある。ベトナムやマレーシアは、米抜きの協定に対し国内の不満が強い。合意に積極的なニュージーランドも、二十三日の総選挙の結果次第では慎重姿勢になる懸念がある。

 (矢野修平)

f:id:aroha7:20170924165958j:plain