俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

自分の直感と心を信じている。

自分の直感と心を信じている。

これらに従っていれば、ほとんど判断は狂わない。