俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

人間は自分のレベルでモノを見ている。

人間は自分のレベルでモノを見ている。

だから、千差万別で様々だ。

自分≠他人。

これを理解しないと判断が狂う。