☆ちゃんぷるぅブログ☆

【戦争反対!!】・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・独断と偏見で・・・雑感・・・ニュース・・ジョーク・・・文章・・音楽など・・・気が向いたら何でも・・・とりとめもなく・・・文章を書いたり、動画を貼ったり・・・沈思黙考・・・暴走・・・妄想・・・幻想・・思ったこと感じたことを書いてるだけ・・・無知蒙昧・・誤謬だらけのブログ・・・★このブログは興味の方向に無節操に動くブログなので特定の政治、思想、宗教とは無関係〜ブログ主の気分により関心のベクトルの方向が180度変わったりします★【戦争反対!!】

安倍政権とメディア 戦前そっくりになってきた(田中龍作ジャーナル) 赤かぶ 2014年9月14日

安倍政権とメディア 戦前そっくりになってきた(田中龍作ジャーナル) 赤かぶ

安倍政権とメディア 戦前そっくりになってきた
http://tanakaryusaku.jp/2014/09/00010029
2014年9月14日 12:38 田中龍作ジャーナル



今日的関心の高いテーマで会場は補助席も出るほど一杯になった。=13日、新宿区 写真:筆者=


 日本を むしばむ 2大勢力をテーマにしたシンポジウムが13日、都内で開かれた(主催:メディア総研)。2大勢力とは「安倍政権」と「記者クラブメディア」だ。両者は互いを支え合っているから始末に負えない。


 (パネリスト:岸井成格毎日新聞特別編集委員青木理=フリージャーナリスト/白石草=Our Planet TV代表/三木由紀子=NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長)


 政治記者歴40年の岸井氏は「安倍政権を完全に支えているのは讀賣新聞とズバリ指摘した。


 「政治献金の復活が示すように財界も安倍政権にすり寄っている」。そのため「日経新聞も安倍政権寄り」とした。岸井氏によれば、安倍政権を支えるグループは「讀賣」「産経」「日経」。


 「讀賣、産経の特ダネは読むと官邸から流されていることが分かる。特ダネは取るものではなく、もらうものになった」。


 「政権を明確に支持する新聞がこれだけ出てきたのは初めて」と岸井氏は憂う。「政権に批判的なのが朝日、毎日、東京。その一角の朝日が(誤報問題で)バッシングを浴びている」。


 敵失に乗じているのが讀賣だ。フリージャーナリストの青木理氏によれば讀賣新聞の販売局は全国の販売店に「(朝日の誤報問題は)千載一遇のチャンス。A紙、A販売店を徹底的に攻撃せよ」と指示書を出しているのだそうだ。


 自分を支えるメディアが自分の意に沿わぬメディアを叩く。安倍首相にとって、これほど有難いことはない。



政権との一体感を指摘される国会記者会。=永田町 写真:筆者=


 こんな安倍政権の支持率が高いのはなぜか? 司会者が尋ねた。


 岸井氏は「固定電話による聞き取り調査」と「メディアへの露出度」の二つをあげた。


 「安倍首相は月に一回外遊に行き首脳会談をする。被災地にも足を運ぶ。露出度が高いほど好感度があがる」。


 「電話調査」「外遊、被災地訪問報道」ともにメディアの手のなかにある。


 安倍政権の要諦である人事も警戒しなければならない。


 内閣人事局で官僚の人事をコントロールできるようにした安倍政権は、日銀総裁NHKも決める。次は新聞社の人事に口を出してくるのではないか」と岸井氏は危機感を募らせる。


 もし実現すれば「安倍独裁」は完成の域に達する。


 マスコミとタカ派政権が手を握った時、国家は一気に戦争への道を突き進む。昭和初期の歴史を見れば言うまでもない。