俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

岸・児玉・笹川とCIAと統一教会①~巣鴨プリズン釈放組の勝共連合~

岸・児玉・笹川とCIAと統一教会�@〜巣鴨プリズン釈放組の勝共連合〜 - るいネット

「政界の黒幕」と言われた小玉誉士夫リンク

日本船舶振興会創始者である笹川良一リンク

彼らは岸信介と同様、巣鴨プリズン釈放組として戦後の日本を反共へと導いた。彼らの釈放の背景にはCIAが絡んでおり、アメリカの反共政策を強固にしてくための勝共連合の結成にも関係していた。

以下にリンクより抜粋します。

>(1945年)12月、A級戦犯指定で入獄。この巣鴨には、 笹川良一岸信介もいた。「児玉は、巣鴨プリズンで尋問された際、CIAの前身の情報機関(OSS)にタングステンを提供している。これを国防総省に売却したCIAはその資金を対日工作の秘密資金にあてた」と云われている。笹川良一も同様。

>1948.12月に釈放。「隠匿物資と機密情報の提供を条件に、1948年にはGHQから釈放されています。一説には、現在価格で7兆円以上という隠匿物資は、戦後日本の政治家の操作に使われた」。

>1968年、統一協会の主導により、児玉誉士夫笹川良一岸信介らが「勝共連合」を結成し、これと日米韓の軍部とCIAが連携プレーをするようになった。


そしてここで出てくる統一教会の背後にもCIAの存在があった。以下にリンクより抜粋します。【 】は投稿者の注釈です

>最後に、世界基督統一心霊協会(文鮮明)はCIAの指導下にありました。その不況活動(原理運動)【たぶん布教活動の意】の日本における最初の拠点は、渋谷区南平台の岸信介の自宅にありました。理由は明らかですね。現在日本政治史もこの線上で踊っているのにすぎません。