俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

時間を決めてネット接続をする〜本に接する時間を増やすために〜

どうもネットに接続できる環境にいると、ネットばかり見てしまう。

一日中接続していて、ほとんど中毒だ。

ネット接続を減らし、文章に接する時間を増やそう。本や雑誌を見る時間を増やすことだ。

また、何もしてない、ぽか〜んとした時間も増やそう。

ネットなくてもいい時間を増やす。

時間を決めてネット接続をする。

バスや電車、喫茶店、を見回すと、ほとんどの人間がスマホ、パソコンやってるいる。

異常だ。中毒なんだな。

ああには、なりたくない。

逆に、本を読んでいる人間を喫茶店では見かけなくなった気がする。