俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『ヤオイズム』とは老荘思想!?〜自然に身を任せ無理しない生き方〜

ヤオイズム』?(矢追純一)という本を読んだ。

共感した。

頑張らないで生きる! だそうだ。

私の生き方と似ている。

時期が来るまで無理しない。自然に身を任せる。そんことが綴られている。

ヤオイズムとは、老荘思想に似ている。

そう思った。

自然に反しないで、無理しないで生きること。

こう考える人は、いるもんである。

矢追さんには共感した。

また、依存、執着しないこと。。。そんなことも記されている。

これまた共感。

『ヤオイズム』 - Google 検索