☆ちゃんぷるぅブログ☆

【戦争反対!!】・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・独断と偏見で・・・雑感・・・ニュース・・ジョーク・・・文章・・音楽など・・・気が向いたら何でも・・・とりとめもなく・・・文章を書いたり、動画を貼ったり・・・沈思黙考・・・暴走・・・妄想・・・幻想・・思ったこと感じたことを書いてるだけ・・・無知蒙昧・・誤謬だらけのブログ・・・★このブログは興味の方向に無節操に動くブログなので特定の政治、思想、宗教とは無関係〜ブログ主の気分により関心のベクトルの方向が180度変わったりします★【戦争反対!!】

8月15日は終戦記念日~戦争している国同士のトップがみんなイルミナティの仲間だった!

ameblo.jp【抜粋】

二・二六事件の真相~昭和11年のクーデター
https://ameblo.jp/64152966/entry-11467513564.html

昭和天皇が、1938年12月ですから大戦が一年前、
これは木戸幸一の日記に出てきます。
木戸幸一にこういうことを言っています
「もう世界大戦は始まる。
そして最後に勝つのはソ連とアメリカで、
他の国は全部潰される。日本も同じように潰される。
だけど日本人は臥薪嘗胆して質実剛健を維持すれば、
10年後には復活する」と。

これは見事に予言的中しているわけですよ。
その一年後に第二次世界大戦が始まります。
真珠湾攻撃をちょうど一年後にやります。
10年後というのはちょうど講和条約の時です。
だから考えようによっては、昭和天皇だけが日本のストーリイを
全部知っていたんじゃないか、ということになりませんか? 
僕はそう思います。

で、戦争が始まる一年前に近衛が天皇に面会を申し込みます。
天皇は拒否します。それで近衛が木戸に会います。
これもまた木戸日記にちゃんと書いてます。
近衛はどういうことを言ったかと。

「お前は天皇に言え。いいか。海軍は二年しか石油がない、
戦争をすれば一年半持てばいいけど、まあ一年で終わる。
陸軍は石油を一年分しか持ってない。
この状態で戦争が出来るわけはない」と嘆いて木戸の許を去ります。
木戸日記に書いてあります「俺もそう思う。戦争すれば負けるワイ」
これは木戸日記にはっきり書いてあります。

ところが実際は戦争は4年も5年も続いたじゃないですか。
石油のない時代は、最後の一年間くらいは石油が尽きたけど、
石油はあったんですよある程度。みなさんもご存知のように、
ガダルカナルや何とかでいっぱい負けますけど、
やっぱりあれは石油があったんですよ。
なぜ石油があったか考えてみたことありますか。
これはですね、戦争の時にアメリカが「日本には石油は売らない」。

ところが「パナマ国籍の船ならば油を積んでいって日本に売っても、
これは自分たちは攻撃できない」という理屈で、
日本に石油を間接的に売るわけです。本当なんです。
三菱が作った『昭和通商』という会社がそれを引き受ける。
『昭和通商』と三菱は同じです。それではマズイというので
日本水産』(注 白洲次郎は取締役)という会社が代行するわけです。
魚を運ぶということではなくて、魚の代わりに石油をパナマ国籍から
もらって持って帰るので、戦争は長びくわけです。


ー中略-

その裏に見え隠れするのは、

木戸よ、このようにして日本を導かなければ、
天皇一族の運命が風前の灯となるのだよ。
お前も協力してくれ


との天皇の哀訴である。