俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

システムとしての「◎◎」!?

システムとしての「◎◎」。

この「◎◎」には、権威として存在している「寺」「神社」「天皇」など、自分が思い浮かぶモノを入れてみよう。

総論で、システムとしての「◎◎」は一度できあがってしまうと、盲目的に、批判さえしない人が多い。あるいは、批判できない「空気」さえある。

具体的に「天皇」(天皇制)を入れてみよう。

システムとしての「天皇」。

天皇には、盲目的に、批判さえしない人が多い。

天皇には、批判できない「空気」さえある。

システムとしての「◎◎」。

これを考え、創った人は、頭のいい人だ。

宗教は、当然、システムとしての「◎◎」。