☆ちゃんぷるぅブログ☆

【戦争反対!!】・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・独断と偏見で・・・雑感・・・ニュース・・ジョーク・・・文章・・音楽など・・・気が向いたら何でも・・・とりとめもなく・・・文章を書いたり、動画を貼ったり・・・沈思黙考・・・暴走・・・妄想・・・幻想・・思ったこと感じたことを書いてるだけ・・・無知蒙昧・・誤謬だらけのブログ・・・★このブログは興味の方向に無節操に動くブログなので特定の政治、思想、宗教とは無関係〜ブログ主の気分により関心のベクトルの方向が180度変わったりします★【戦争反対!!】

「人間力」って何?〜教育学部の入試に、面接を取り入れる大学が増えている〜迷走してる大学!?〜

headlines.yahoo.co.jp教育学部の入試に、面接を取り入れる大学が増えている。今春の入試で面接を課したのは、教員養成課程のある国立大学の半数に達した。精神疾患で休職したり、わいせつ行為で処分を受けたりする教員が後を絶たない中、大学側は受験生が「未来の先生」にふさわしいか見極めようとしている。

【大学への道】東京大学(東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅から)

 大手予備校の河合塾によると、教員養成の学部や学科がある国立44大学のうち、2014年度入学者の入試で面接を実施したのは39%の17大学だったが、今春までに岩手、茨城、山口、熊本、大分の5大学が取り入れ、22大学になった。担当者は「数年前から少しずつ増えており、今後もこうした傾向は続く」とみる。

 千葉大教育学部は昨春までは中学校教員養成課程の美術科など一部の分野を除き筆記試験のみだったが、今春から全ての教員養成課程(定員405人)で、5人での15分間の集団面接や集団討論を取り入れた。試験官の教授らが評価して点数化し、センター試験と大学独自の2次試験の結果を合わせて合否を判定した。

 面接では志望動機や目指す教員像を尋ねたほか、「あなたのクラスでいじめが起きたらどうするか」など教員が直面する問題への対応法も質問した。来年度も面接試験を課すことが決まっている。

 面接を導入した理由について、小宮山伴与志(ともよし)学部長は「教員は勉強ができるだけでは務まらず、『人間力』が問われる。どういう教員になりたいか具体的なイメージを持っているか、生徒や保護者と良好な人間関係を築けるコミュニケーション能力を持っているかを入り口の段階で確認したかった」と説明する。

 面接試験の導入が進む背景には教員の労働環境の変化がある。文部科学省の調査によると、16年度の1週間あたりの平均勤務時間は10年前に比べ、中学校で5時間増の約63時間、小学校で4時間増の約57時間に達した。うつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員は07年度以降5000人前後で高止まりが続いている。

 一方で、15年度に強制わいせつや買春などのわいせつ行為で懲戒処分や訓告などを受けた教員は224人で過去最多となった。文科省は教員の資質向上を目指しているが、各教育委員会も含めて抜本的な対策を講じられていないのが現状だ。

 ただ、短時間の面接で受験生の資質を見抜くのは難しい教育学部で面接を取り入れた関東地方の国立大の入試担当者は「受験生は想定問答を用意して面接対策をしてくる。やらないよりはやった方がいいのだが……」と本音を打ち明けた。【伊澤拓也】

【感想】

人間力」って何?

私はすべての試験は、記述式の試験で足りると、思っている。

先生の本質? 生徒にわかりやすく「情報」「知識」を伝える能力が優れていること。

わけのわからん「人間力」は必要ない。

強制わいせつ、買春したりしてるのは、教師だけの犯罪ではない。

うつ病もしかり。

迷走してる。

大学の試験は「面接」はいらない。記述式の試験で足りる。

 

 追加。

大学側は受験生が「未来の先生」にふさわしいか見極めようとしている。

「未来の先生」を「養成」するのが、教育学部の仕事だ!

「ふさわしいか見極めようとしている」

そんなこと、大学は「わからん」。そこまで、教育学部の仕事でない。

受験生が「どんな人間か?」、大学側が立ち入る問題ではない気がする。そのうち、家系調査でもするのか? 「犯罪者」「きちがい」はいない家系とか? ・・・・w

 

「あなたのクラスでいじめが起きたらどうするか」、こんな質問を面接でするな!

こういう対応は、大学合格後、しっかり、「大学」で「対応」を教えてやれ!

そういう「ノウハウ」を「情報」として、教育大学を持っているだろ。

そのための、教員養成大学だろ! 受験生が、「いじめ対応のノウハウ」を持っていたら、おかしい。高校の授業に「いじめ対策」なんて、ないぞ!

「面接」は就職なら有効か? 気にいらない人間は落とす。そういう質問を面接で聞く人事課の人間はいるな。

「就職」面接で、あまりにも「おかしい」質問する会社は、やめといたほうがいい。