俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

運というものなのか

人間は死ぬ。

が、いつ死ぬかわからない。

そして、身辺に突然様々なことが起こる。

よいことも、悪いことも。

問題は悪いことだ。

最悪の場合は死んでしまう。

因果律があてはまらない。

運というものなのか

わからない。