☆ちゃんぷるぅブログ☆

・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・独断と偏見で・・・雑感・・・ニュース・・ジョーク・・・文章・・音楽など・・・気が向いたら何でも・・・とりとめもなく・・・文章を書いたり、動画を貼ったり・・・

閉鎖病棟ってどんなところ? ショッキングな経験者の声

閉鎖病棟とは、精神科病院で、病棟の出入り口が常時施錠され、病院職員に解錠を依頼しない限り、入院患者や面会者が自由に出入りできないという構造を有する病棟である。

閉鎖病棟への入院患者は、原則として精神保健及び精神障害者福祉に関する法律に基づく措置入院医療保護入院などにより、強制的な入院形態で入院するものとされている。

患者さんは

・働いている人間は例外中の例外。たいていはNEET。
 ・ただし、元エリートは多かった(弁護士、キャリア官僚、有名評論家)
 ・常連さんがほとんど。退院しても半分は一年以内に戻ってくる。
 ・鬱病患者は人畜無害だが、躁病患者はまじウザイ。
 ・統合失調症は慢性病棟に入れられるので、あまりいなかった。
 ・ごくたまに重症の人格障害者がいて怖かった(突然人格が変わって横暴になる)

一見普通そうな人が多いんだけど、話通じなかったり
俺を見て「○○君、こんばんわ」とか別人の名前で挨拶してきたり…

薬漬けな人は、喋るけど舌がちゃんと回ってない感じだった。

てんかん、糖質、躁うつ、といろんな人がいた。
入退院を繰り返す人もおおいし。幼少の頃から通ってる人もいた。

精神科の閉鎖病棟に入院したことあるけど、普通だったよ。
ただ夜中になると泣き出す人とかがいた。

精神病院のやつらって隙あらば自殺しようとするから大変だぞ

どんな場所?

トイレの個室に鍵がなくて、小窓までついていて屈辱的だった(自殺防止のため?)。

ひどい病院の場合、頑丈な鉄格子が備えられていたり、部屋の設備も排泄用の穴と、食事を室内に入れるための小さな扉しかなく、ベッドや水道設備、窓さえもなかったりする場合もある。

夏クソ暑く冬は凍える。いつも湿ってて臭いし、どこも汚い。
保護室(急性症状の時に入る部屋)は小窓一つしきりなしのトイレという、刑務所みたいな感じ。

患者を絶対に脱走させない究極の手段として、内側のドアのノブ自体を外してしまう病院さえ存在する。

雰囲気は? 患者の扱いは?

慣れちゃえばそこまで居心地の悪い所じゃない
逆に治ったのにまだ治って無いフリをして居座る連中も多い

医者とか看護士も普通の病棟より
愛想もなく、冷たい感じ。患者のために敢えてそういう態度なのかも
と思ったけど

他の部屋からたまに「あ゛ー! あ゛ー!」って聞こえたり謎の呪文が壁に書いてあったりする

暴れたり、自傷衝動が収まらなかったりしたら、隔離部屋

拘束衣をつけることはもちろんあります。

これはむしろ患者さんのためで、
暴れてベッドから落ちて頭をぶつけたり、点滴を引き抜いたりしてしまうから