☆ちゃんぷるぅブログ☆

【戦争反対!!】・・・ちゃんぷるぅ・・・状態で・・・独断と偏見で・・・雑感・・・ニュース・・ジョーク・・・文章・・音楽など・・・気が向いたら何でも・・・とりとめもなく・・・文章を書いたり、動画を貼ったり・・・沈思黙考・・・暴走・・・妄想・・・幻想・・思ったこと感じたことを書いてるだけ・・・無知蒙昧・・誤謬だらけのブログ・・・★このブログは興味の方向に無節操に動くブログなので特定の政治、思想、宗教とは無関係〜ブログ主の気分により関心のベクトルの方向が180度変わったりします★【戦争反対!!】

巨利をむさぼる 精神医療業界 第6章:一般大衆への宣伝 1/2

www.youtube.com

2012/02/06 に公開

第6章:一般大衆への宣伝


テレビでの向精神薬の広告は、当初から驚異的な成功を収めています。

テ レビ広告が始まった最初の3年だけで、向精神薬の売り上げは2.5倍に急上昇しました。その総額は今や記録的なレベルに達しており、製薬業界はテレビ広告 だけで年間29億ドルを費やしています。「患者団体」や押しつけがましい「病気チェックリスト」をPR戦術とし、顧客数を増やしています。

今日、製薬会社は処方薬の販売戦略に毎年35億ドル以上を費やしています。10年前のほぼ9倍です。

その結果は? 向精神薬の売り上げは、世界で年間800億ドルにまで達しました。

その間も精神科医たちは、自分たちがつくり出している悲惨な状況を意図的に無視しているのです。

事実:現在アメリカの43の州、500以上の学校で、何万人もの児童に対して精神障害を発見するための「十代の選別検査」が実施されています。