加計学園問題とは!何が問題なのか最新情報をわかりやすく解説!

 

毎日、加計学園問題のニュースがテレビや新聞で盛り上がっていますが、

ニュースを見てもよく分からないという方は多いと思います。

森友学園問題だけでも難しいのに、加計学園問題まで調べる時間がない。

そんな読者の方々のためにわかりやすく解説いたします。

 

 

Sponsored Link

加計学園問題とは!わかりやすく解説!

 

加計学園問題とは!何が問題なのか最新情報をわかりやすく解説!

 

加計学園とは、安倍総理がアメリカの学生時代からのお友達の加計孝太郎さんが理事長をしている学校です。

その加計学園は「獣医学部を作りたい」と、過去に15回もお願いしてきました。

しかし、「獣医は多すぎるからダメ」と文部省から言われて獣医学部を作れませんでした。

ところが、安倍晋三さんが総理大臣になると、文部省は突然に考えを変えて「獣医学部を作ってもいいよ、補助金96億円と37億円の土地もプレゼントするよ」「獣医学部を作っても良いのは加計学園だけ、他の大学は作っちゃダメ」と以前とは全く違う事を言い始めました。

当然ながらマスコミやネットからは「これはおかしい」と疑問の声が上がり、

更には元官僚の前川喜平さんが「総理大臣から文部省に圧力をかける文章が届けられた」という衝撃の告白が出ました。

更には安倍総理は過去に、加計学園の役員をしており、報酬を数年間貰っていたことも分かりました。

 

現在は国会で民進党安倍総理にあれこれ質問して、安倍総理が文部省に圧力をかけたのかどうか? 

細かく質問していますが、安倍総理も曖昧にごまかしてハッキリした事は喋らないという状況です。

安倍総理の右腕である菅官房長官も「何も悪いことはしてない」という感じでマスコミに反論しており、加計学園の真実が分かるのはまだまだ先でしょう。

森友学園の問題もそうでしたけど、都合の悪いことはごまかして、うやむやにして、国民が飽きるまで放置するというのがいつもの政府のパターンのような気すらしてきますね。

一方、情報をリークした元官僚の前川喜平さんに対して出会い系バーに通ってた事が、マスコミから批判されています。

 

 

加計学園問題とは!何が問題なのか!

 

加計学園問題とは!何が問題なのか最新情報をわかりやすく解説!

 

この問題を見ていると、最近の日本のメディアが非常に低レベルになったと思いました。

勇気を持って証言した前川さんに対して、テレビや週刊誌は個人攻撃をはじめました

「前川は出会い系のバーに行っていた」前川さんのイメージを下げる報道が始まり、前川さんは事実である事を認めて謝罪しました。

しかし、出会い系バーに行くことが何が悪いのでしょうか?

自分のお金でどこに行こうと自由ではないでしょうか?

俳優の坂上忍さんは、「(出会い系バーに)行っていいんだよ」と発言。

タレントの小籔千豊さんも「犯罪じゃないなら問題ないでしょう、 なんで事務次官が出会い系バーに行ったらダメなの?」

出会い系バーに行ってたことに、有名人から前川氏に擁護する声が多いです。

小学生レベルの下らない誹謗中傷よりも、加計学園問題の真実を暴くのが先だと思います。

 

最初、この加計学園問題は、ほとんどテレビや新聞では報道されておらず、ネット上から「何でマスコミは報道しないんだ!」「マスコミは政府の圧力を恐れて報道しない」と厳しく批判されました。

 

オススメ!  加計学園疑惑を報道しない理由は民進党議員による総理の意向文書?
 

 

しかし、一部のテレビで報道されるようになると視聴率がうなぎ登り上がって、逆に加計学園問題をほとんど報道しない「ミヤネ屋」などの番組は大きく視聴率を落としました。

加計学園問題を報道すれば視聴率が上がる」と気づいたマスコミは一斉に報道し始めました。

 

ネットの声がテレビや新聞を動かしたのです。

 

ここ数年は「政府に不都合なニュースをマスコミは報道しない」とネット上でよく言われました。

実際、物価や税金の急激な上昇、深刻な少子化問題安倍総理が外交でアメリカの言いなりになってトヨタに圧力を掛けたり。

ロシアの言いなりになって北方領土をロシア主導で開発したり・・・。

政府の問題行動をほとんどニュースにしなくなりました。

昔のマスコミであれば、政府や政治家に逆らっても真実を暴いてやると行動する熱い記者が居たのでしょうが、最近は政治家の言いなりの情けないマスコミが増えてしまったんじゃないかと思ってしまうほどです。

 

最近のテレビや新聞は政府や大企業の言いなりであり、本当の事を報道しないマスメディアも多いです。

ネットニュースの方が自由に公平に報道しているように思えます。

 

私と同じように感じていらっしゃる方も、多いのではないでしょうか?