俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『カッパ・ブックスの時代』 (河出ブックス) 2013/7/11 新海 均

f:id:aroha7:20170808021014p:plain

この本を読んで、いつのまにやら『カッパ・ブックス』は消滅していたことに気がついた。

よみやすかった。イラスト入りで。

現在、本屋に新書がたくさんあるが、イラスト入りの『カッパ・ブックス』みたいな、柔らかい印象を感じさせる新書は、ない!?

全部文字がぎっしり。息苦しい。

みんな、『岩波新書』の親戚みたいの雰囲気なモノばかりになってしまった。

残念だ。。。。