俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

浮かんでくる・・・

f:id:aroha7:20170807040519p:plain

歩いていて詩心が

浮かんでくるような

そんな土地に住みたい

体を動かせば

ひらめきが

生じる

そんな

土地はよいところだ