俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

水木しげる 66年ガロ短編作品 「暑い日」「深夜バス」

blogs.yahoo.co.jp

1966年10月号「暑い日」8頁
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 自分の墓石が作られていた、それも命日は今日!!
 
10月号は二作品 「昭和141年」8頁
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
水木先生描く100年後、しかし扉絵のソファの細かい写実、この点々は誰が打ったか、このころは
アシスタントも大勢おりましたから…
 
11月号「足跡の怪」8頁
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 遊びでもうかつにしてはならないことがあるのだ、まさに冒涜する行為は許さん!! と水木先生はおっしゃっておられます
 
11月号は二作品「深夜のバス」8頁
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遅くまでお酒を飲んでいるとこのような目にあいますぞ…