俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

生きることは、競争でない。

f:id:aroha7:20170719060239p:plain

生きることは、競争でない。

いかに自分らしく生きることだ。

集団に中にいると、競争して、走り続けることが、人生だと錯覚する。

賢者は気がつき、凡人は馬車馬のように、力尽きるまで走る。

どんな生き方がよいか、気づくことが大切だ。

が、気づかない人が、ほとんどのような気がする。

教育が、同一な価値観を押しつける働きをしているからだ。