俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

若作りした老人に出会う・・・・・⁉︎

f:id:aroha7:20170718162926j:plain

※写真は山鉾の解体途中。

若作りする老人。

派手なお姉さんが歩いてきたと思ったら、老婆が不似合いな、若い女性の格好をしていた。推定63〜65歳ぐらい。

古本屋に入った。

「お荷物をココに置いて、ご覧ください」

お兄さんが1人でやってるのか。

古本を買って会計したら、老人が若作りだった。

ハゲ頭に帽子をかぶり、メガネをかけ、パンクファッションみたいな姿。

・・・・・・・なんじゃコリャ〜〜と内心つぶやいた・・・・・

今日は、若作りした老人に、会う日なのかもしれない。