俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

霊媒師のように降りてくるインスピレーション〜風が吹く〜そんな感覚〜心象風景を言葉にする〜文章作法

f:id:aroha7:20170711173707p:plain

毎日文章を書くこと。

これに尽きる。

散歩すれば、書くことの心象風景がひろがる。

哲学者、文学者は「逍遙」「散歩」を推奨する。

散歩し、心からわきあがってくるイメージを、言葉にする。

人や猫、犬とか、小動物、木々の匂いなどの植物からも、インスピレーションは降りてくる。

・・・・文章を書ける人は、そういう性質の人が多いのではないか・・