俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

「詩的才能」が現れた!?〜見出しや、中見出し、タイトルつけの仕事〜

f:id:aroha7:20170708051942p:plain

詩的才能ありと、占い師から言われた。

が、詩人でない。

編集で、見出しや、中見出し、タイトルつけるのが、メインの仕事をやっていたので、

それが「詩的才能」だったのか・・・・。

過去を振り返る。