俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

【魂】が入っている「文章」が書ければ合格〜読んで記憶に残る「文章」!?〜

文章も、音楽も、「表現」の一つの形態だ。

どのような「表現」が、すばらしいか、いつも考えている。

で、長年沈思黙考し、私なりに結論が出ている。

【魂】が入っていること!

これに集約される。

【魂】が入っている「文章」が書ければ、それで合格。

どのような「文章」になるか?

・読んで記憶に残る「文章」。

このような「文章」が書ければ、その書き手は「一流」だ。

どうすれば、「文章」に「魂」が入るか? これは「奥義」だ。

実践して「文章」を書きまくることで、わかる。