俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

「。。。女は糞小便が詰まった肉体に色を塗っただけ・・・」〜釈迦の言葉!?〜

残念ながら、本を持っていない。

ひろさちやが、増原良彦の本名で書いた本だ。祥伝社から出されていたと思う。

仏教の本。

釈迦が、「。。。女は糞小便が詰まった肉体に色を塗っただけ・・・」。

そう語ったという話が、逸話の中にあった。

余りにも核心的で、そうだなぁ〜と、強く心に思った。

釈迦は、毒舌家なのか? そう思った。女性に厳しい。

強く記憶に残っているので、ここに記しておく。