俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

昔のことを急に思い出す〜脳内映像で、「あの本」を見た記憶があるのに・・・・・・!?

昔のことを急に思い出す。

あの本が見たくなった。

だが、ない。

アマゾンで買おう!

一円本でいい。

が、書名さえ忘れている。。。。

なんとも、じれったい。

脳内映像で、「あの本」を見た記憶があるのに、書名、著者名さえ出てこない。

・・・・・・・・・・・・・・