俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

空虚な文章は魂が入ってない〜心にたまった「滓」(おり)を吐き出すように、文章を書く〜

心にたまった「滓」(おり)を吐き出すようにして、書かれた文章が、よい文章だとか、ある作家が語っていた。吉行淳之介かな? 

ようするに、何も心にないのに、書かれた文章はインチキ。

インチキだから、その文章には魂が入っていない。

だから、多くの人の心にも伝わらない。

文章を書く前の心構えとして、記憶にとどめておいてほしい。