俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

どのような文章が優れているか?〜むづかしいことを、わかりやすい文章で書いある〜よいモノと悪いモノが、わからないうちは、文章はうまくならないと思う!?

どのような文章を書きたいか?

どのような文章が優れているか?

 

この二つの回答は、同じなのだ。

 

むづかしいことを、わかりやすい文章で書かれている、そんな文章が一番優れている。

これが至上の文章だ。このような文章が書ければ、一流だ。

世間には、意味不明で饒舌な文章があふれている気がする。そんな文章は、時間の無駄だから、切り捨てて、読まない。

文章の、よいモノと悪いモノが、わからないうちは、文章はうまくならないと思う。