俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

凶暴な犯罪者は、生まれつき、先天的だ!?・・・・・・・「三つ子の魂百まで」・・・・

私は以前、週刊新潮の「黒い報告書」のマネッコの、記事を某版元で書いていた。

そのために、資料としてたくさんの犯罪者・犯罪に関する本を読んだ。

それでわかったのだが、凶暴な犯罪者は、生まれつき、先天的だと、理解した。

凶暴な犯罪をする予兆は、小さいときに現れていた。

急に過激な犯罪をするのでなく、小さいときから、萌芽が見られる。

凶暴な犯罪は、なるべくしておきた。

「三つ子の魂百まで」という、ことわざが、そのまま適応される。