俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

『作家の食卓』〜作家は美食家!?〜「まずいものを喰って生きていたくない」 (色川武大)

書斎が写っている本が欲しい。

心地よい書斎というか、机周りにしたいからだ。

『作家の〜』、このシリーズは作家の写真の本。これはシリーズ化しているわけだから、作家マニア向け? なのかな。

今回は、『作家の食卓』。

作家は美食が多い印象。

「まずいものを喰って生きていたくない」 (色川武大