俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

植物の、緑の匂い〜、休みの日に出社〜季節は夏〜

以前よりましになった。

このように文章を、ほぼ毎日書いている。

閑話休題

某出版社にいたときに、休みの日に出社し、自分の仕事をしていた。

季節は夏。

植物の、緑の匂いがしていた。

夏の思いでは楽しいことばかりだ。