俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

アヘーとアホーの会話

アヘー「・・・ごじゃります・・・」

アホ−「・・・・下々のみなさん・・・」

アヘー「・・・キョーボー罪ーでごじゃります・・」

アホ−「・・・・ヒトラの手口だ・・・」

アヘー「・・・ニキョソー・・」

※突然あの世から・・・

ヘーカ「・・・アッソー・・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・やんごときなき方の・・・会話はつづく・・・・