俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

文章を書くとは!?〜自分自身を語るということ〜

私は無知蒙昧さを平気でさらす。

それでも大丈夫だ。

文章を書くとは、そういうものだ。