俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

アスファルトの道路がずっと続く〜京都市は、散歩をするところとしては、適していない〜土が踏みたい〜

・・・・京都市は、散歩をするところとしては、適していない。

意外にも、アスファルトの道路がずっと続く。土が踏みたい人には、適していない。

また、公園も少ない。京都市の外れで、やっと土が踏める。具体的にいえば、左京区宝ヶ池公園右京区は嵐山まで行けば。

神社仏閣では土が踏めるかもしれない。