俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

匿名性と文章・・・・・・

顔出して、名前をだして・・・文章が書きにくい。

抑制がかかる。

匿名のほうが書きやすい。

・・・・・・・・・・

作家は、たいしたものだ・・・。