俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

文章が強力に、力を発揮するとき〜自分の言葉で単純に表現する〜

文章が強力に、力を発揮するとき。

それは、自分の言葉で思ったり、感じたり、考えたりしたことを、単純に表現したときだ。

さらに、個性的な考え方や、見方を表現しているときに、他を凌駕する。