俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

よい文章とは?〜文章は誰でも書けるが、プロの文章になるとすくない!?〜

文章について。

・読みやすい。

・わかりやすい。

・読むと同時に「内容」が、すらすらと頭の中に入ってくる。

・てにをはがあっている。(文章の連続性)

※最低限、以上のことが備わっている。これが、よい文章。

※このような文章が書ければ、お金が取れる文章。(≒プロの文章)

※『週刊新潮』などは、当然以上の文章が記されており。週刊誌の中では、一番よい文章だと思う。