俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

ブログに何を期待するか?〜読んでおもしろいかどうか〜書いてる人の見方や考え方〜何を書いてるか、わからない文章は読まない〜

ブログに何を期待するか?

 

読んでおもしろいかどうか?

これだけ。

書いてる人の見方や考え方・・・視点。

それもシンプルに表現してるのものを、期待している。

やたら長い文章を見る。それも何を書いているかわからない。

何を書いてるか、わからない文章に「ブックマーク」がたくさんされている。驚愕する。

他人様より、文章の善し悪しは、味覚のようにわかるつもりだ。

なぜならば、出版社で編集につき、かつ、原稿を書いてお金を稼いでいた人間だ。

とにかく、何を書いてるかどうか、わからない文章にはつきあわない。

編集の仕事で、手を入れるために、素人の文章を読んでいるわけでないからだ。

仕事なら、何を書いてるか意味不明の文章にもつきあう。

が、ブログは仕事ではない。

素人の文章とプロの文章は、雲泥の差がある。

いかんともしがたい。

新しい知識・情報を得たいなら、お金を出して単行本を買う。

雑誌では『週刊新潮』の文章が、一番しっかりしている。今でも、そのへんの理解は変わらない。