俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

All That She Wants〜お金はないが楽しかった〜雑文を書いていた〜

www.youtube.com

この曲を聴くと、1993年頃が思い出す!?

カウントダウンTVとかいう番組で、よくかかっていた。

猫を飼っていた。

というより、近所の猫が遊びに来て、いついてしまった。

白と茶のぶち猫で、前足、後ろ足がものすごい骨太の猫だった。

雑文を書いて、ファックスで送信。あるいは、版元に持って行った。

鉛筆か、シェーファーの万年筆か、文豪というワープロを使用していたと思う。

夜から朝まで雑文を書いていた。

朝になると、近くの立ち食いそば屋で、げそ天と卵、かき揚げ入りのそばだった。

かなり、いいかげんな生活だが、、、。

それでも現在より景気よくて、楽しかったと記憶している。

 

文豪というワープロ - Google 検索

シェーファーの万年筆 - Google 検索