俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

よい文章とは?〜キラリと光る感覚が自然に現れる〜

どんな文章が、よい文章か?

 

よみやすく、わかりやすく、書き手の「地」が、そのまま現れてる文章。

独特の感覚、リズムで、独自の見方が表出している文章。

凡人はありきたりの見方、才能ある人は、凡人には気づかない鋭い感覚が、表出。