俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

まずい店〜ガラガラの店〜時間がないときに入ってしまい後悔〜

まずい店。

ランチ時に、ガラガラの店。

稼ぎ時に、ガラガラの店。

※当然といえば、当然なんだけど。

※急いでいるときに、つい入ってしまい、お金を捨てることになる。