俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

山田風太郎の未読のエッセイ〜虚無主義の上に、独特な感性でモノを見てる〜

山田風太郎の未読のエッセイがあった。

ほとんど読んだと思ったが。

筑摩書房で2冊発見。

山田風太郎って、虚無主義だよな。

作家って、だいたい基本的に傍観者だし、虚無主義の上に、独特な感性でモノを見てる感じだね。