俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

シンプルな生活を目指す! 依存しない生活

現在の私は、心身のリズムが狂っている。
それでも書く。
余禄の人生は、本を読んで、ボーってしているのが、あっているような気がしてきた。
読書、散歩、音楽、これを循環させるシンプルな生活だ。
テレビ、ラジオもいらない。元々、テレビは見ない人間だ。テレビは、子供の頃、中学生までは、よく見た記憶がある。それ以降、テレビはほとんど見てない。よって、家にはテレビはない。
ネットは、情報を探す「道具」として価値がある。
様々な情報を伝える手段がネットに、依存してるから、これはよくないことだな。
シンプルな生活を目指す。