俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

自分自身を知り、そのリズムで生きることこそ、最高の生き方

いつも一人でいたい。

そういう生活が、俺の正常な状態だ。

混沌の話の寓話。

有名な荘子の話。

混沌は混沌のままであったら、死ななかった。

自分自身を知り、そのリズムで生きることこそ、最高の生き方。