俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

俺に合いそうな女性もいる・・・

先日、ある女性と手を握った。

手のひらが、ビッショリだね?  なんでそうなるの?

そう聴いたら、興奮、緊張、うれしいと、そうなる。そう言っていた。

俺に会って、うれしい、興奮、緊張していることか。

以心伝心。

心のヴァイブレーションは、伝わる。

俺も、その女性は好きだ。

会っても苦痛にならないタイプだ。

俺に好意、悪くないと、思っている女性もいる。

世間は広い。