俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

一期一会・・・・ある出来事

ブッダの言葉を、読んでいたら、自分語りをしてはいけない。

そんな、アフォリズム、警句が記されていた。

空海の言葉に類似の警句が。

それは、自分が他人に発するモノだろう。

日記で、自分語りをしてもいいと思う。

このブログも日記だからな。

閑話休題

先日、本屋で偶然知り合いの人に遭遇。向こうから、話しかけてきた。

その人に会い、ある意思表示をしたかったので、ちょうどよかった。

不思議なもので、その日に、その知り合いに、ある意思表示、伝達する必要があることになり、どうしようかと頭で考えながら、ブラブラ本屋に入った。

知り合いは、電話番号も知らない、、、そんな関係の人だ。

ここの本屋で、偶然でも会う確率はありえないと思っている。

時間と場所から言って。

余程、縁がある人なんだなぁ〜と、思った。