俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

あなたは、どんな瞳をしてるの?

 

知り合いの女性に、いきなり、鼻をつかんで、「なにすんのぅ〜」と言われた。

猫が寝ている時に、よくやるよね。

でも、怒らなかった。

そういう、寛大な人が好きだなぁ。

怖い女は、、、、パス。

動物と同じで、凶暴か否かは瞳を見ればわかるからね。

目は心の窓。

自分と同じ目つきの人しか、友達にはなれないね。

修羅の世界を生きる狼の集団に、羊の目はいない。