俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

電磁波攻撃は存在する!!

電磁波攻撃は存在すると、確信しました。

私が生き証人です。

私は、2016年1月21日の、夜、食事時中に、突然、体がブルブル震え出しました。驚き、何が起きてるのか、わかりませんでした。しばらくすると、およそ2分間後、右半身に痺れが走りました。

この場にいると危険だと感じ、即、部屋から外に逃げ出しました。

ブルブルの震えは消えましたが、右半身の痺れは残っていました。

とても、部屋に戻る気にはなりません。その日はホテルで寝ました。

目が覚めても、右半身の痺れは残ったまま。また、気持ち悪くなったので、救急車を呼び、ある病院に搬送され、入院になりました。

検査して判明したのは、脳梗塞でした。入院時、血圧は208〜213? くらいでした。

医師に確認したところ、脳梗塞前に「体がブルブル震える」はありえないとのこと。

私は、電磁波攻撃という言葉は知ってましたが。改めて、ネット上で調べたところ、まさに、私に起きたこととソックリな記述が見つかりました。

ここ

http://daily2.sakura.ne.jp/83.html