俗々・『地下室の手記』〜混沌が渦巻く浮遊の世界〜

ここに記されていることは空想家の「とりとめない妄想」でフィクションです・・・・・

「安倍晋三」が天皇のかわりになり「統帥権」を行使する!?

もう手遅れかもしれない。

日本国憲法が終わること。

実質的な「大日本帝国憲法」のような、基本的人権を抑制された「憲法」ができそうだ。

やろうとしているのが、天皇と親戚の「安倍晋三」だ。

いわゆる「戦争法」は、「天皇統帥権」にソックリだ。

安倍晋三」が天皇のかわりになり「統帥権」を行使する。

安倍晋三」が「戦争」をやることができる。民意は無視で。国民主権の「形骸化」。

安倍 「天皇の統帥権」にそっくり - Google 検索